アフターピルはどんなときに飲むものか

アフターピルを服用する女性日本では年間20万件以上も中絶手術を受ける女性がいて、女性の約15%は一度は中絶の経験があると言われています。それだけ多くの人が中絶を行っている背景にはアフターピルのことを知らない女性が多いという理由があります。徐々に浸透してきてはいますが、女性の3人に1人しかアフターピルのことを知らないというデータもあります。
ピルと言えば避妊のために毎日飲むことで効果を発揮する経口避妊薬ですが、アフターピルは避妊のために飲むピルよりも多くの女性ホルモンが配合されています。その働きによって女性ホルモンのバランスを妊娠しにくい状態にすることで妊娠を避けるための緊急避妊薬です。
アフターピルは望まない性交渉を行ってしまったり、コンドームが外れたり破れたりして妊娠する可能性がある場合に飲むものです。中絶薬ではなくあくまで妊娠を防ぐ薬のため排卵のタイミングやアフターピルを飲むタイミングによっては妊娠してしまう確率もあるのですが、避妊に失敗してそのままにしておくよりも確実に妊娠する確率を下げてくれるものです。避妊に失敗してから72時間以内の服用で妊娠を防ぐ効果はありますが、時間が経過するごとに妊娠する確率は上がってしまいます。避妊に失敗したらなるべく早く服用することが重要です。中絶は女性の身体にも費用的にも大きな負担がかかるものですが、アフターピルは比較的安い金額で済み、ただ薬を飲むだけで避妊することができる手軽さも人気の薬です。女性ホルモンの分泌量を乱すため女性の身体に負担がかかってしまいますが、中絶よりも身体に与える負担は小さくなります。万が一のための選択肢として、アフターピルを飲むという選択肢を覚えておくようにしましょう

アフターピルの購入金額と免疫低下について

通販サイトで薬を安く購入できることを知った女性アフターピルの購入は処方箋を持って薬局に通うイメージも強いですが、アフターピルの場合には保険適用外商品ですので、実際の購入金額が数万円になる場合も珍しくはありません。一般的には購入に際、通販サイト等を介して数千円のものを買うのが一般的です。海外製品ということで不安を感じる方もいますが、日本製品と成分に差はありませんので、服用に関しては問題ありません。
飲むだけで妊娠しているのと同様な状態にして避妊効果を施すアフターピルは、望まない妊娠を防ぎたいと考える女性にとっては頼りになる製品です。体内の女性ホルモンを急速に増幅させ、子宮に入り込んだ精子を強制的に体外に排出を行い、着床を防いでくれる効能があります。経済的な事由や年齢的な事由など、妊娠を望まない女性はたくさんいるものです。避妊具を付けなかったり、避妊の失敗をした場合にはアフターピルを24時間以内に服用することで、確実に妊娠を防ぐことが可能になります。
ただアフターピルを服用すると、膣内の免疫効果が低下する場合もあります。アフターピルを服用した後に性交渉を持つと、性病が感染してしまう可能性もありますので気をつける必要があります。特に多いのが膣内のカンジタです。もしアフターピルを飲んだ後に膣内に違和感を覚えたり、痒みがあるような場合には医師に適切な診察をしてもらったほうが良いかもしれません。金額も安く手軽に避妊ができるアフターピルではありますが、使用に際しては注意が必要です。あくまでも緊急用の避妊薬ですので、常用は避ける必要があります。避妊を怠った場合の望まない妊娠を避けるための薬として認識し、適切な使用を心がけましょう。

アイピルの魅力と成分について

女性は閉経を迎えるまでは、常に妊娠をする可能性のある体をしています。子供が欲しい時には特に問題ありませんが、子供を作るためだけ性行為を常に行うというものではありませんので、妊娠を希望しないなら避妊具を使用して妊娠を防止します。
しかし状況によっては希望しなくても妊娠の恐れがある性行為をしてしまう場合があります。このような緊急事態に力を発揮してくれるのがアイピルです。アイピルを服用すれば受精卵の着床を阻害することができます
アイピルはノルレボという先発医薬品のジェネリック医薬品に該当しており、先発医薬品よりも安い価格で購入することができます。安いとはいえ、製造行程で使われる成分自体は先発医薬品と同じでレボノルゲストレルという有効成分が使われているため、効果については質が下がっているなどはありません。
ジェネリック医薬品の取り扱いは医療機関によって違いますので、婦人科に緊急避妊薬を求めに行ったからといって、必ずしもアイピルが処方されるとは限りません。普通のやや高価な薬を処方される可能性があります。
個人輸入で薬を購入しようとしている女性あまりお金をかけたくないというのなら、個人輸入ができる医薬品の通販サイトを利用するのが便利です。通販サイトではアイピルも普通に売られていますが、国内の通信販売業者からは医療用医薬品の一般販売が許されていないこともあり、アイピルを購入できないようになっています。
なので海外から個人輸入をする必要があり、その際には個人輸入代行サービスを利用すれば日本からでも簡単に購入することができます。