アフターピルとコンドームで避妊、内診なしで薬受取

避妊を成功させるやり方には、事前と事後の2パターンがあります。
基本的に重視したいのは、前者である事前の避妊対策です。
基礎体温を毎朝起床と同時に計測・記録し、それから危険日と安全日を割り出す避妊のやり方も効果的です。
女子側の身体的負担がなく、コストも掛からないため、その気になればいつでも始められます。

また、男性側がセックスを始める前に必ずコンドームを装着する事も、効果的な事前の避妊対策となります。
最近のコンドームは特に品質が高く、いわゆる生で挿入している感覚を男性が体験しながら、
それでいて射精した精液は製品のゴム内に溜まるため、膣口に流れ込む事がなく、着床を見事に防げます。

ドラッグストアコンドームが買える場所としては、ドラッグストアやコンビニエンスストア、ネットショッピングがあり、
それぞれに長所がありますので、ユーザーが便利なお店から買いましょう。

コンドーム使用で避妊はほぼ100パーセント成功しますが、絶対的な過信は禁物です。
激しい体位でセックスをしたり、長時間コンドームを連続使用すると、製品が破損し、そこから精子を含むカウパーが流れ込みます。
また男女双方がコンドームの破損に気づかず、膣内で射精すれば、避妊は失敗し妊娠の恐れが出て来ます。

そういった事態になった時、必要になりますのが、事後的な避妊対策です。
危険な状況に陥った場合は、速やかに婦人に足を進め、アフターピルを処方してもらいましょう。
理由を説明すれば、アフターピルは比較的シンプルに処方されますし、根掘り葉掘り状況を質問されたり、
女性器をまじまじと内診されるなどのプロセスはありませんので、とにかく速やかに受診するのが大事です。
アフターピルの効力は時間経過と共に減りますので、必ず24時間以内に服用しましょう。