アフターピルの同意書に署名より薬価を計算し通販購入

医師の処方望まない妊娠を回避するために男性にコンドームの装着は欠かせません。しかしコンドームを嫌う男性や性行為時に破れてしまったなどのトラブルもあり、そんな時に女性が身を守る手段としてアフターピル(緊急避妊薬)を用いります。アフターピルは病院で処方されている避妊薬です。病院にてアフターピルを処方してもらう手引きとして、まず緊急避妊薬の効果が有効とされているのが性行為時からおよそ72時間以内とされています。まずはお近くの病院や産婦人科に緊急避妊薬を取り扱っているか問い合わせてみましょう。もし取り扱いをしているようでしたら診察予約を取り病院へ向かいます。病院では避妊薬の処方前に簡単な問診が必要となり、避妊を否定する為の診察と検査が必要となケースもあります。その後「緊急避妊ピルの服用者向け情報提供資料」というものを読み、「緊急避妊ピルの同意書」というものに署名しなければなりません。また病院にて避妊薬を購入する場合に自由診療となり健康保険証などが使用できません。そのため全て治療費は自己負担となりとても高くなっておりますので注意が必要です。その為、最近では処方薬などを取り扱う医薬品のネット通販サイトなどを利用し海外から直接個人輸入される方も少なくありません。ピルに避妊効果の他にも生理周期の改善や生理痛の緩和など女性にとってとても嬉しいメリットのあるお薬です。そのため緊急時の避妊用や常備薬として落ち歩く女性も大変多く、必要な時にいちいち病院へ行って診察や高いお薬を払って購入するよりも通販サイトで手軽に購入できる方を選ぶ方が多いのです。また通販サイトによって価格が異なりますので、薬価を計算しながら比較してみると更に安価で購入することも可能です。