アフターピルの結果成功率

避妊用に毎日低用量ピルを飲んでいるという人も多いですが、それでもやはり避妊に失敗してしまうこともあります。ピルを飲んでいないときに限って避妊具をつけていないということもありますし、性被害にあってしまう可能性もあります。さらに毎日ピルを飲んでいたのに、その日に限って飲み忘れてしまうということもあります。こうしたことになると、女性は妊娠の可能性がありますので不安な日々を過ごすこととなってしまいますが、避妊に失敗した場合にも対策はありますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。
避妊に失敗してしまった場合は早めにアフターピルを飲むようにしましょう。アフターピルは毎日飲む低用量ピルとは違い、性行為後に飲むことで妊娠を防ぐ薬です。その効果は100パーセントまでとは言えないものの正しく使えばかなり高い確率で妊娠を防ぐことができます。そしてこうした薬は72時間以内の飲むこと、早く飲めばそれだけ妊娠を防ぐ効果が高まりますので、できるだけ早く医療機関に行き、処方してもらいましょう。アフターピルを飲むと早い人では数日で出血があり、妊娠を回避できたことを確認することができます。服用時間を気にする女性長く生理がこないという場合は市販の検査薬などで確認することがおすすめです。女性ホルモン剤ですので、大量の飲むと副作用のリスクも高まりますので、多めの飲んだりせず正しい量を守りましょう。こうした薬を効果的に使うためには、タイミングも大切ですので、服用時間もきちんと守りましょう。
ヤッペ法では中用量ピルを2錠のみ、12時間後にもう一度2錠飲みます。そしてノルレボでは72時間以内に2錠飲みますが、こちらはヤッペ法よりもさらに副作用が少なく避妊の確率が高いとされています。