過長月経は婦人科相談、緊急であればアフターピル

生理期は女性の心身が不安定になります。
いわゆるヒステリックな精神状態になる方も多く、ちょっとした事でイライラ、ムカムカしたりするはずです。
また生理期の出血が平均的な期間よりも長続きしてしまう、過長月経も女性を悩ませる体調不良になります。

過長月経の原因は、主に心労です。
そのため、女性ならいつでも誰でも過長月経になる危険を持っています。
仕事に追われストレスフルな女性今まで一度もなった事がない方が、ストレスフルな労働環境や家庭環境になったために、突如として過長月経に陥る恐れはあります。

過長月経は困る体調不良ですが、婦人科に相談する事で、適切な治療が速やかに受けられます。
場合によっては治療薬が処方されますので、心当たりがある女性はクリニックを受診すべきです。

婦人科は文字通り女性の味方のクリニックです。
婦人病の治療や予防のために、クリニックを利用する方々もいれば、一方でアフターピルを受け取る目的で、施設を訪れる人々もいらっしゃいます。

一般的に避妊は事前しか出来ないと思われていますが、アフターピルを使えば、
コンドームの破損、コンドームのズレ等によって、精液が女性器に大量に入ってしまった後も、事後的に妊娠を避ける対策が出来ます。

精液が混入したと思われるセックスの時間から数えて、72時間以内にアフターピルを飲めば、
十割に近い確率で、妊娠を避けられますので、危険日に中出しセックスを何度もしてしまった場合は、婦人科のドクターに相談し、迅速にお薬を処方してもらうべきです。

アフターピルには、吐き気を感じる事、お腹が痛む事などの副作用があります。
女性ホルモンの含有量が非常に高いため、妊娠を回避出来るメリットが強い半面、副作用が現れやすく、アフターピルを飲む目的はあくまで本当の緊急時に限られています。